社員紹介

interview

お客様の要望に「技術」と「人望」で応える水戸ソフトエンジニアリングの社員たち。

その中から、日本のさまざまなメーカー様と共に未来を創造する先輩たち3人をご紹介します。

あなたの少し先の姿を、想像してみてください。

voice 01

お客様の要望から、
言葉にはない本質を
読み取る。

制御システム事業部

丸山 卓郎(2013年入社)

お客様が本当に求めていることを
見極める。
技術者派遣というかたちで、お客様の会社に在籍。電気自動車に使われている部品を制御するソフトウェアのシステム開発とソフトウェアの発注を担当しています。お客様とソフト制作担当者のハブ的な役割を担っているわけですが、そこで重要になるのは、お客様がやりたいと思っていることの本質は何かを掴むこと。お客様からいただいた要求を、そのまま担当者に伝えて出来あがったソフトウェアが、本当にやりたいことと違う動きをする可能性もあるからです。お客様の本当の目的は何か?追求していくうちに、仕事以外でも、常に相手は何をしたいのかを考えるようになりました。

上流の設計も挑戦してみたい。
以前は私も、依頼を受けてソフトウェアを作る側にいました。現在、立場が変わり発注する側になって気づいたことは、全体像を完全に理解しないままソフトを作ってしまったこともあったということです。ソフト開発には何人もの人間が関わり、私が担当していたのはあるパーツ部分。全体のゴールが見えないまま作っていたんですね。そのようなことがないように、どういう発注をすればソフトチームは作りやすいのか、より良いものが出来あがるのか。常に意識して取り組んでいます。最初はソフトの知識しかないため、ハブ的な役割に戸惑うこともありました。しかしこの仕事にも慣れて、やりがいを感じられるようになり、今後は上流の設計にも挑戦してみたいと、新たな希望が生まれています。

就活生へ一言メッセージ
物事には何事も相性があります。もちろん、会社との相性もそうです。たとえ希望する会社に入れなかったとしても、何社も落ちてしまったとしても、落ち込まずに相性だと思って笑い飛ばしてほしいですね。そして会社を選ぶ際、一つの業界、業種、企業に絞らず、いろんな分野を調べてみることをお薦めします。調べることで、自ずと視野が広がりますから。
voice 02

分からないことは、
丁寧に教えて
もらえる環境。

制御システム事業部

磯野 綾香(2017年入社)

分からないことはすぐに解消する。
自動車のインバーターを制御するソフト開発を担当しています。私が仕事上で大切にしているのは、分からないことがあったら分からないままにせず、すぐ先輩たちに質問し、理解した上で仕事を進めることです。例えば担当しているインバーターですが、ただ作るだけではダメなんですね。なぜならレビューなどの際、全てを理解していないとお客様に説明ができないからです。社内では質問をしたら、すぐに教えてもらえる環境があります。私のような新人でも、つまずく事なく仕事に打ち込むことができるのは、先輩たちの丁寧な教えにより、疑問点を解消できているからです。

できることが増えていく喜び。
入社後、3ヶ月間の新人向けの教育研修があります。プログラム言語の基本をはじめ、インバーターについても学ぶ機会がありました。しかし配属後、初めての実践となるソフトウェアのプロセスでは、先輩たちにサポートしてもらってばかりで、納得のいくレベルの仕事ができませんでした。その後、疑問が出たら質問し理解を深める。それを繰り返していると、自分の知識や技術として着実に定着。二度目のプロセスでは設計からテストまで、自分でできることが増え、初めて達成感を感じることができました。今後は、もっと自分一人でできることを増やして、仕事の喜びをもっと感じたいですね。

就活生へ一言メッセージ
就職活動は、何かと不安が付きまとうので、まずは不安を消して自信を持つことがとても大切です。学校のOB、OGに話を聞いたり、説明会に参加して質問をしたり。まずは不安を消して、自信を持って面接を受けてほしいですね。私も、説明会などに何度も参加することで、疑問や不安点を解消。そうして選んだ現在の会社は、就職前に抱いていたイメージ通りの会社で、ズレはありませんでした。
voice 03

自分の考えや
意見を提案でき、
活かせる社風。

情報システム事業部

有木 一司(2012年入社)

まずは、お客様の業務を徹底的に
理解すること。
現在の主な仕事は、変電所や発電所のメンテナンス業務を支援するシステムの開発です。仕事をする上で、日頃から私が最も大切にしているのは、お客様の業務をしっかりと理解すること。業務支援とは、お客様の業務ありきで行うもの。だからこそ、深い理解が必要になります。そしてもう一つ大切なのは、お客様の要望から本質を見極めることです。要求されたものを忠実につくることも大切ですが、どうしてそれが欲しいのか?どういう業務でどのように活用したいのか?こういったところまで掘り下げる姿勢を持つことで、お客様に満足いただける、より良いシステムを完成させることができます。

自ら提案し、効率化を実現。
少し仕事に慣れてきた頃、部品費を計算するシステムを提案したことがあります。それまでは、数十〜数百種類の部品を、一つ一つ調べて計算していたため、とても時間がかかっていました。私が提案したシステムを使うと、部品全体の9割ほどが自動計算できるようになり、作業時間をそれまでの2〜3割程度にまで短縮。一気に効率化することができました。構想を練り、設計をし、導入。先輩に聞きながらですが、最後まで初めて自分一人でできたときは、とても達成感を感じ嬉しかったですね。就活のときに会社説明会で、「水戸ソフトは、自分の考えを仕事に活かすことができる会社です」と話してもらった通りでした。今後も、お客様から依頼されたシステムを開発するだけでなく、私たちの方から新しいシステムを提案できるよう、日々努力していきたいと考えています。

就活生へ一言メッセージ
就活のとき、私は不安だらけでした。でも自信がなかったり、不安があるときこそ、あまり難しく考えず、気楽に判断したり、思い切って決断することも、時には大切だと思っています。なぜなら、不安な気持ちのままでいると、うまくいくものもいかなくなってしまうので、切り替えが必要だと思うからです。会社によって求められるものが違うように、就活に模範解答はありません。明るい気持ちで、前を向いて頑張って欲しいですね。

ENTRY